協和製作所会社情報 HOME / 会社情報 / 事業部紹介 / 汎用事業部 会社情報 汎用事業部
シャフト・ギヤ

汎用事業部は、自動車・二輪車・農業機械用ミッションを構成する各種シャフト及びギヤを生産しています。
永年に渡り培ってきた冷間鍛造による塑性加工を中心に一貫生産体制を確立し、多品種少量生産に適応した生産体制を整えお客様のご要望にお応えしております。

汎用事業部取り扱い製品

シャフト

ギヤ

シャフト
シャフトについては永年培ってきた冷間鍛造による塑性加工が効率の高い生産を実現しています。
ギヤ
各種ギヤには、最新の加工設備と五十有余年間に渡り蓄積した加工技術があいまった形で活かされています。

汎用事業部製造技術
冷間鍛造技術
冷間鍛造技術
汎用事業部の特徴として、冷間鍛造による塑性加工があります。
これは、鋼を常温状態で、プレス機を用いて塑性変形させ、所定の形状(ツバ付き・角スプライン・インボリュートスプライン)にする加工法です。
切削加工と異なり、材料を無駄なく最大限有効に使い、加工時間も非常に短く、コスト的にも大変有利な加工方法です。

但し、初期費用とし金型製作費が必要なため、納期・手番・生産数量との兼ね合いで採用しています。加工能力としては、品物の全長が450mm以下です。
多品種少量生産
多品種少量生産
汎用事業部の生産方式は、「多台持ちのジョブショップ方式」をできるだけ少なくし、「1個のワークを、異なる加工で連続して行う多工程持ち1個流し方式」を積極的に取り入れております。
そのため、「多品種少量生産」を得意としており、作り過ぎのムダを無くし、必要な時に必要なだけ生産するシステムを推進しております。
さらに、ライン内のネック工程を徹底的に分析・改善し、サイクルタイム短縮をはかっています。

汎用事業部主要設備

汎用事業部組織図

汎用事業部では、メーカー製マシンでは求めることが出来ない独自機能を実現させるため、創意・工夫を凝らし自社製マシンを生み出しています。 機能第一で洗練された外観などはありませんが、その能力を最大限発揮し、与えられたポジションで活躍しています。自分達の手で作り上げたマシンの活躍には、市販機械の活躍とは一味もふた味も違った達成感と愛着、感慨があります。

ガンドリル機

軸方向に深穴を加工する専用機

打痕検出機

マスターギヤと噛合せて、歯車の打痕を検出する専用機

油穴加工機

軸直角方向に油穴を加工する専用機

深穴エアーブロー機

自動で深穴をエアーブローし、中の切粉等を除去する専用機

汎用事業部組織図
汎用事業部組織図
お問合せ

協和製作所・汎用事業部へのご意見、お問合せ、汎用事業部の取り扱い製品シャフト・ギヤについてのお問合せ・資料請求などお気軽にお問合せください。

お問合せページへ
ページトップへ戻る