協和製作所会社情報 HOME / 会社情報 / 沿革 会社情報 沿革
1950(昭和25)年10月
川崎重工(川崎航空機)の機械加工下請としてスタート
1954(昭和29)年1月 株式会社協和製作所設立(資本金80万円)
1957(昭和32)年3月 耕運機用クラッチ完成部品の納入、部品メーカーとして第一歩をしるす
1961(昭和36)年10月 逐次増資を行い、資本金820万円、従業員持株制実施
1963(昭和38)年12月 資本金1,640万円に増資、工場拡張、タペット生産開始
1967(昭和42)年5月 北条技研工業所合併(資本金3,300万円)
1969(昭和44)年4月 歯車協同熱処理工業叶ン立、(資本金4,995万円)熱処理一貫体制確立
1970(昭和45)年1月 ベルトコンベヤー用モータープーリ開発
1970(昭和45)年3月 夕ペット専門工場として加西工場建設、量産体制確立
1971(昭和46)年3月 冷間鍛造によるスプライン塑性加工開始、シャフトメーカーとして確固たる地位を確保
1972(昭和47)年5月 クランクシャフト専門工場として和泉工場建設、量産体制確立
1974(昭和49)年9月 加西工場を分離、株式会社協和加西工場設立(資本金1,800万円)
1975(昭和50)年10月 資本金9,600万円に増資
1977(昭和52)年10月 椎茸植菌用高速穿孔機(スパット)開発
1978(昭和53)年4月 (株)協和加西工場にてバルブ(ポペット)生産開始
1982(昭和57)年10月 洗車機用ギヤードモーター量産開始
1985(昭和60)年10月 ローラコンベア用モーターローラ量産開始
1988(昭和63)年1月 モーターローラ東南アジアへ輸出開始
1989(平成1)年12月 ミニプーリ生産開始
1992(平成4)年8月 ツインローラ生産開始
1993(平成5)年8月 高速シートシャッター「オーロラ」生産開始
1994(平成6)年8月 関東営業所開設
1994(平成6)年10月 ローラーコンベヤ用DCモーターローラ量産開始、米国へ輸出開始
1998(平成10)年7月 ISO9001認証取得
2001(平成13)年5月 産業機器事業部:窪田工場操業開始
2001(平成13)年8月 DCモーターローラEU諸国へ輸出開始
2003(平成15)年8月 シュレッダー生産開始
2003(平成15)年12月 (株)協和加西工場を(株)協和テクノに社名変更
2005(平成17)年3月 窪田工場:ISO14001認証取得
2005(平成17)年5月 関東営業所を東京支店に昇格
2007(平成19)年4月 和泉工場増築工事完了
2008(平成20)年9月 Kyowa USA, Inc を米国ケンタッキー州に設立 DCパルスローラを製造・販売開始
2012(平成24)年10月 DCパルスローラを製造するKyowa Europe, Ltd.を設立
2014(平成26)年12月 東京支店事務所を移転(東京都中央区京橋)
2016(平成28)年10月 名古屋営業所を開設(愛知県名古屋市名東区)
お問合せ

協和製作所へのご意見、お問合せ、モーターローラ・フリーローラ・パルスローラセナジー・スローラ・モータープーリ・シャフト・ギヤなど製品に関するお問合せ・資料請求、当社の採用についてなどお気軽にお問合せください。

お問合せページへ
ページトップへ戻る