協和製作所製品情報 HOME / 汎用事業部 / 主な製造工程 / シャフトの製造工程
主な製造工程
シャフトの製造工程

素材から完成までの一貫生産を行っております。

  • 1.素材

    バー材を所定の長さに切断

  • 2.ボンデ処理

    プレス前処理(表面処理)
    次工程のプレス処理の成形を助ける為に表面を滑りやすくする

  • 3.プレス

    冷間鍛造(塑性加工)
    常温で油圧プレスを使い仕上がりに近い形状に成形する

  • 4.旋削

    NC旋盤で形状加工

  • 5.歯切

    歯車形状加工 所定の刃具を使い歯車を切削する

  • 6.面取り

    相手歯車との噛合いを容易にするために、端面部を削り取る

  • 7.シェービング

    噛合い時の音を低くするため、歯車の表面精度を上げる

  • 8.熱処理

    表面(芯部)硬度確保の熱処理
    【浸炭焼入れ焼き戻し、高周波焼入れ、特殊熱処理、メッキ処理ほか】

  • 9.ショットブラスト

    スチール玉により表面の酸化膜除去

  • 10.研削

    外径研削加工(外径寸法、粗度確保)

  • 11.洗浄、箱詰

    洗浄、検査、箱詰め・梱包

  • 12.出荷

    お客様へ出荷

お問合せ

モーターローラ・フリーローラ・パルスローラセナジー・スローラ・モータープーリ・シャフト・ギヤなど協和製作所すべての製品に関するお問合せ・資料請求、当社の採用についてなどお気軽にお問合せください。

お問合せページへ
ページトップへ戻る